松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
人中の龍三浦屋にふたりまて  花足
 からきり下戸を娘怖かる  梨東
釈尊の啼の口へはつ松魚 白日
 つれ/\草の注に迷はす  陸馬
杉風も師の糸結の手斧打  呉潭
 植る傍から裂るはせを葉  簀十
雁かねの正しく告けて宵の月

 厩へ覗く山麓の鹿  花足
よく/\の辺鄙に小判をみな拝 白日
 禿に捨て墨染の袖  莫牙
恋てなく男みかいた其むかし  陸馬
 数代伝る社家の強引  梅足
ひねくれし松に添たる花一木
 泊り山にも屏風持ツ人  花足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簀十・呉潭・花足・陸馬・莫牙・梨東