松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
道端に吹殻燃て鳥羽長閑 白日
 腹の加減に挙る玉味噌 貫環
孫の手に小用足せて冬篭  梅足
 一陣春へ残る宝咲  簀十
念入たわるさ仕様猿てなし  陸馬
 常に火を忌弓の稽古場  花足
臆病を寄て誉るも孝子也 貫環

 細布くれて生国忘る  立葵
大食も半季奉公の笑ひくさ  花足
 遠く遊はす盆の川狩 白日
ほつそりと素顔と成て散る柳  簀十
 露に衣紋を直す残月
朝毎に夫の薬に山越て  梅足
 嚔の高く我に驚く

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簀十・梅足・陸馬・貫環・花足・立葵