松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
岩角に鮎汲おとこ身のひねり 貫環
 瓢の酒を馬柄杓て飲 白日
像刻む木つ端も蓮の花に似て  梅足
 昼の附木にしれぬ火移  花足
まつ灘は越ておの/\肘枕  陸馬
 けつそり帯のゆるむ粥腹  簀十
産所から見れは隣も遠桜  花足

 風光る頃蔵の漆喰  立葵
白射して春あまる日のはさみ物 白日
 今火を入た火入火かなし  梅足
嗅て見て重詰ひらく納涼船 貫環
 何と黙して斗り長袖  陸馬
望の月宵の村雲吹なくし
 払ひ退ても竈馬取つく

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簀十・梅足・陸馬・貫環・花足・立葵