松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
木兎曳の割籠の箸も花薄  花足
 大勢程かあはれ野送 白日
取巻て臘の心きかな雪しまき  梅足
 獲の熊血りのほつたり  陸馬
踏迷ふ山を老馬か道しるへ  立葵
 連退ひとり積にくるしむ  簀十
居酒屋に添て気転のある女  陸馬

 漬菜の桶にみえぬ黒打 貫環
書をつみし中に仏祖師の夢心  立葵
 莟みの牡丹封をきる金  簀十
杜宇今一声は厠にて 白日
 薪賃の行燈むこく吹消  花足
全くの盛りの花に月も嘸
 洗ひ轡に菫はみ出す  簀十

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簀十・梅足・陸馬・貫環・花足・立葵