松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
鬻女も子を思ふ雉子野を越て  花足
 水田に阿房宮の不夜城  莫牙
囲れも着つゝ馴にし渋紙子  呉潭
 地獄遠きに非らす大年 白日
喰ふ程は喰て乞食の高鼾  簀十
 中川の灯の靄にぽつちり  梨東
山は樹々水にも鮎に秋見へて  梅足

 朝曇る日にあらそひて月  陸馬
勇将の鉾先むかふ初嵐 白日
 膝も崩さぬ薄雲か酒  梅足
投入の素顔綺麗と梅誉て 白日
 射上けた跡のいとゝふかき日 貫環
初午に屋敷の鬼門明はなし  莫牙
 階子て捕つてこれハ気違  簀十

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・花足・莫牙・呉潭・簀十・梨東・梅足・陸馬・貫環