松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
大名の先荷鋲打貌よ鳥  花足
 茶屋の娘の年を賭もの  梨東
弓持は門に待うせて富か岡 貫環
 神馬たま/\銭を噛む音  梅足
片枝寝ぬ夕日の合歓に蟬啼て  呉潭
 実に五月闇次摩の仮御所  莫牙
四の緒か一節へると面白し  馬隠

 また暮かねる空に半輪  フ
継尾かと鷹の見かへるはつ桜 白日
 芦の茅邪魔な石子田の釣  呉潭
別荘に吉原の名て五六日  簀十
 とふしても能い顔の櫛巻  馬隠
ためし切り合点て居るは父斗 貫環
 良雄か墓へ願かける人  梅足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・花足・梨東・貫環・梅足・呉潭・莫牙・馬隠・簀十