松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
高縄の駕を除れは牛車  梨東
 身投を連て辻番に所化  花足
紅の花梅は筵に見る時分 白日
 旨い調子の矢場に弦音  簀十
振袖の無心アノ子とまついふて  馬隠
 真実兄と思ふ名代 貫環
夜半しんと傘払ふ雪の音  莫牙

 居つかぬ寮に最う千鳥聞  梨東
北面を辞セは疝気の根も絶へて  花足
 聟を進る伯父の大徳  梅足
其当座羽折なまめく中登  呉潭
 いつより早くみゆる三日月  陸馬
前後少もなしの花さかり  同
 手拭帯に挟む麗  同

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梨東・花足・簀十・馬隠・貫環・莫牙・梅足・呉潭・陸馬