松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
浜長閑海苔も江戸の色見へて  花足
 子をひつさらふそこへ乗切 白日
白い乳白い浴衣を洩(拽で敷くの誤字)たかり  陸馬
 所師の名もある西の傾城  花足
㡡たゝむ拍子にすこし鬢さゝら  梅足
 飯喰ふ屋は明て虫干  菊武
坊の景帆柱売て帆か見へて 白日

 桜最中暇な城責  梅足
すた/\に切た草鞋に坪菫  陸馬
 鶯餅てとめる藪入  馬隠
空解に五爪の龍のわたかまり 白日
 京のはつれに祈る神垣  菊武
川の音ほのかにきこへ朝の月
 走り加減も秋の障子は  陸馬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・陸馬・菊武・馬隠・花足