松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
大寺のしんと真木割音斗
 上手の彫に妙の有祷  杵十
うか/\と名取越しも酒の咎  馬隠
 損も笑つて仕廻ふ四十二  雲牙
鉢植の牡丹娘に買かふり  太路
 はにふにハ無と過た爪音
七夕の仮の皇居に貸し小袖  芦風

 無理に付たる道細き月
艸の下くるゝ山田のおとし水  馬隠
 むかしハ贄も有し御社  牛如
任の徳孝子の数に顕れて  太路
 連ハ跡先よひつきの濱  立葵
待にまつ花の噂もとり/\に
 客へ手まねてしゐゝる聾酒

関連データ

作者(連衆)
立葵・牛如・芦風・太路・雲牙・馬隠・杵十・御(真田幸弘