松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
薮入のおしい日和を内に居て  牛如
 髪ハ刺ても針ゑらみする  雲牙
埋火は人手に懸ぬいけ加減  杵十
 置ハその侭氷る雑巾  芦風
禅寺も尻か腐るか根継して
 多く有ほと樒淋しき  牛如
弓杖を突々登る照射山  雲牙

 大生酔のやうな大膽  立葵
遣り羽子の音も揚屋のいとし春  牛如
 兎角雪ふる娵の恵方出  太路
桜咲頃に又来ん飛鳥山  芦風
 棺の供の欠こらゆる  雲牙
月かけの更行まゝにきら/\し  フ
 雰の玉散る恐坂か髭  馬隠

関連データ

作者(連衆)
馬隠・太路・立葵・御(真田幸弘)・芦風・杵十・雲牙・牛如