松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
稲こきの手拭とれハ長か妻  牛如
 楽書のある他家の白壁  芦風
伴頭の風を占ふ明り窓  杵十
 稚顔にも見ゆる福相
世を捨て拍子ぬけたる年の暮  馬隠
 角を隠して雪の柊  立葵
大坂ハもれて無慙な五十町  雲牙

 そ相過て叱る振袖  馬隠
扁鵲も及ハぬ老の匙加減  芦風
 地理の絵図出す対陣の隙  牛如
獨り子のやうに駿馬を育あけ  雲牙
 酔たひ思ふ故郷の茶  太路
僧送る月に野道の玉薬  牛如
 何松虫のこころ鳴らん  フ

関連データ

作者(連衆)
太路・雲牙・立葵・馬隠・御(真田幸弘)・杵十・芦風・牛如