松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)、句上

画像を拡大する
渡る雁挟将棋の駒並び
 大将髭の軌船の髪  花足
雑兵の宰丸伸ひる御凱棟  斗涼
 斗樽の社も早き初雪  太路
鷹の宿鶏迄も音をとめて  馬隠
 赤坂て縫ふ御油の綻  雲牙
朝解折よく花の咲揃ひ  梨東

 晴天続く春のゆたかさ  フ
双鳬 御    75
梅足   51
杵十   50
兊堂 斗涼   55
馬隠   52
太路   40

関連データ

作者(連衆)
梨東・雲牙・馬隠・太路・斗涼・花足・菊貫(真田幸弘
点者
兊堂・双鳬