松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
治聾酒の間に七歩の床はなれ  斗涼
 恋影の情も知て大徳  馬隠
笑ふ子に夫婦喧嘩の抱子抜
 行灯赤き夜の煤掃  花足
提籠に小隅いくつか送り膳 環川
 人家も少し聴し新城  立葵
裏を見る碓井峠の雲の峰  馬隠

 堀出し物と熊の皮買ふ  牛如
枝かとに速し早しの桜狩
 生だ雛は鋲打を出る 環川
目の春を太夫は鶴の歩行にて  花足
 七ツ下りの簾もる月
菊咲て開帳場程組座敷
 まだ冷かの能かけんなり

関連データ

作者(連衆)
牛如・立葵・環川・花足・菊貫(真田幸弘)・馬隠・斗涼