松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)、句上

画像を拡大する
爪て弾ながら生酔寝せ付て  梅足
 小倉袴に嬬子の相弟子  梨東
門前地菜を蒔程は裏に畑  雲牙
 蝉直しに川明を見る  馬隠
鳥飛で地に躍る物初松魚  花足
 大盃に夜の龍の戸  梅足
花の奥二度風流の重りて  立葵
 蛙もうたふ亀遊ふ池

仏外 環川   87
斗涼   80
梨東   79
兊堂 花足   87
雲牙   83
立葵   75
東故 花足   83
梅足   79
菊貫   76
為大 馬隠   82
花足   77
太路   76

関連データ

作者(連衆)
立葵・花足・馬隠・雲牙・梨東・梅足
点者
為大・東故・兊堂・仏外