松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
八朔の雪から嘘の貢もの  太路
 娘の茶店嬉し野と呑  立葵
袴着のとう/\負て男坂
 琵琶の□りを見た事かなし  梅足
文弥節始て聞し旅枕  馬隠
 よしの何めく母の寝所  花足
物とふ頃はとく普達の明ヶ  牛如

 引窓いまだ残る月かけ
淋しさは鳩吹山を庭にみて  立葵
 こゝの角力は関取の馬奴  梨東
女分振だけ憎らしい軽井沢  梅足
 樫の木棹て恋忘れ猶  馬隠
折もをし折ぬ又をし花の枝
 番ひに成て本の蝶々

関連データ

作者(連衆)
梨東・牛如・花足・馬隠・梅足・菊貫(真田幸弘)・立葵・太路