松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
県召猿に烏帽子と笑はれて  立葵
 恋と仏に狭い洛中  花足
子の愛に取乱したる膝小僧  馬隠
 畳めは結句影干なもろ帽  斗涼
打水か済と遠くに鰯の声  梨東
 子の脈を手の窟てみる  太路
恵比寿講大黒傘を借し切て  斗涼

 昼の時をは知らぬ新造  牛如
姿見の裏に恥し天下一  太路
 有卦に入る目のしかも七種  雲牙
梅か香に餅の〓今か尼と尼  梅足
 猫の子貰ふ西行忌前  牛如
タ月の彙着て遣る目和くせ
 芦の葉渡る風の漸寒

関連データ

作者(連衆)
梅足・雲牙・牛如・太路・梨東・斗涼・馬隠・花足・立葵