松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
浅妻に尾越の鴨も浮寝して 菊貫
 沓を重て参宮の連  立葵
酔とれの実て見たかる心太  梨東
 葉広袖に行当る蝉  花足
温泉場て逢ふ他所の縁者の初対面  雲牙
 伯母も苦にする八人の聟  太路
御所下りの尾の中へ玉の輿  花足

 あんよの先のそれ碁笥かそれ  フ
菜盛にヒに茶杓の取廻し  梅足
 時々間の切る雨落
節季候の格子をよそに牛車  太路
 千両からは黄金も神酒  花足
夕月の人さの峰に花比て
 落とめて夏福菊の塵

関連データ

作者(連衆)
梅足・太路・雲牙・花足・梨東・立葵・菊貫(真田幸弘