松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
中の町人羽子板に風の影 菊貫
 千客万来妻の揚貴妃  花足
鉢植の牡丹は母のほまち物  太路
 剃た灸の跡を見たかる  斗涼
まだ一つ顔に嚔の残り有  馬隠
 肥らせたかる乳貰ひの欲 環川
犬鮒を二目煮て居る暮しづか

 何年ぶりか市のとか降  梅足
茸羽折匂ひのわるい内か晴  雲牙
 つふれた鮎の厭石に石下戸  斗涼
出来栄の宮居稀とも杉の花
 白いもの着て車井を汲 環川
有明のいつしか露に影放れ
 奥州誂秋寂だ声

関連データ

作者(連衆)
雲牙・梅足・環川・馬隠・斗涼・太路・花足・菊貫(真田幸弘