松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
長櫃の萩へよい/\水打て  立葵
 いつ落すやう出女の眉  雲牙
中悪の囁やうな図両 環川
 城を白眼て連歌する陣  牛如
絶るかと思へは又も蕭の音  斗涼
 京遠けれとかゝる山蔭  梨東
みなれ馬行学銀て噪歩行  雲牙

 芥子の花ちる得道の児  馬隠
みる□のものみな涼し夏の月  フ
 琵琶を懸置四阿の釘  立葵
別荘の屏風の中に高雄か手跡  梅足
 紀文か女房茶もかしこき  牛如
咲初て花に似けなき鳥おとし
 春ののほせに足袋もはかれす

関連データ

作者(連衆)
梅足・馬隠・梨東・斗涼・牛如・環川・雲牙・立葵