松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
治聾酒の日を待々て尚歯会  雲牙
 無口な人か琵琶の名人  梅足
別荘へ煤を遁れて冬の梅  太路
 刺て己来近い吉原  雲牙
囁の思はす階子一つ宛  梨東
 あつ晴男松魚売切
沢潟の葉に艶々と虎か雨  牛如

 見間敷ものは軍見物  立葵
一心に裸参りの力瘤  馬隠
 小鷹を据た腰に粟餅
秋の琴を鞘に移す騎射戻り  斗涼
 透垣越てさしかふる月
注連張て新米炊く蓮花丁  立葵
 鳶打二人出立冷し  牛如

関連データ

作者(連衆)
斗涼・馬隠・立葵・牛如・菊貫(真田幸弘)・梨東・太路・梅足・雲牙