松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
屋根船の取膳ひとり袖か邪魔 菊貫
 能肥満たり尿をさせる子  梅足
同し事言で欠込雨舎り  梨東
 来そうて手間の懸るお榊  斗涼
投やりに笑ひ上戸を扱ふて  花足
 冬も春ほと眠る新造  太路
美くしき舞子の顔を敵役  馬隠

 国風の我のあるか頼母し 環川
水音の物冷ましき九十川
 月の光にはえぬ灯
玉祭今年切りとて母の世話  雲牙
 手巾隠して声を無理留  牛如
花の左右風の折々片使
 霞の裾に旧りし傍示木

関連データ

作者(連衆)
菊貫(真田幸弘)・梅足・梨東・斗涼・花足・太路・馬隠・環川・雲牙・牛如