松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
世を捨て雲に入鳥雲雀山  立葵
 公事をも寄て捌く公家領  牛如
子をとろに子とろの鬼の美しき牛如二  太路
 似菩薩のせて採蓮の船  花足
時鳥宿酒の枕すっぷかし 菊貫
 見へぬ入歯か扶から出る菊貫二  太路
撫まはす座頭は帰る□夏也  立葵

 店セの岩戸に深夜の獅子舞 菊貫
且那をも我子の娘に普代婆々  馬隠
 出入揚屋の空汲て置  立葵
御代なれや用心上に稲の花  牛如
 月輪なり沓脱に影
玉菊か名は灯龍に消へ残り  斗涼
 繋で置は比翼薄縁

関連データ

作者(連衆)
斗涼・馬隠・菊貫(真田幸弘)・花足・太路・牛如・立葵