松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
狸よし駱合点と入然して 環川
 花檀いはしに花落の茄子  斗涼
皐月晴笑顔を見せる芙蓉峰  雲牙
 乞食の小屋も絶景の内  馬隠
鷹辺の渡し待間の人に人 菊貫
 惜しい若衆に癩瘤か疵  牛如
老ぬれは廓の文も哀かり  梨東

 京瓜の水も格別な京  花足
借着してよい加減なる月の頃
 勧化の一の等か鹿聞  梨東
碁に成と隅に目を持懸弟子  斗涼
 弓の付する関守の隙  雲牙
花の春往来ゆふなる風情也
 輪七五十二あふなき出格子の上

関連データ

作者(連衆)
花足・梨東・牛如・菊貫(真田幸弘)・馬隠・雲牙・斗涼・環川