松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
笑ひ初めなぶり娘の懸想文  花足
 又貰はれし兎角妹 菊貫
流行医に羽の付たる時花風邪  斗涼
 柊もいらぬ実検の窓  太路
終喰に富の瀬踏の出来心  梨東
 和尚か来ると隠す提重  馬隠
大伽藍錦の転ける音さへて  梅足

 女を連れた故の傘 環川
猪牙船はあぶなき物と遠まはし
 桜世界は余所に孝行 菊貫
履ている足袋うつくしき野の董  雲牙
 〓の案内するもうくゐす  太路
寝て起きて寝てまだねむき朧月
 三里の痕の愈ては又

関連データ

作者(連衆)
雲牙・環川・梅足・馬隠・梨東・太路・斗涼・菊貫(真田幸弘)・花足