松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
それとなく傀儡はて置風呂の中  梅足
 神酒の下りを鉄漿へ指す  梨東
敷に噺の長い唐物屋  斗涼
 鴛鴬の番ひを石投て撰ル 環川
海賊を碇へ伝る懸り船  馬隠
 甲州判のないよりは増  立葵
長の旅国名の暖簾なつかしき  牛如

 月代剃て若くなる曾良  斗涼
杉の花樹下石上の膝の上  花足
 神秘の淀の錆付た侭  梨東
一文の目本へひらく滑川  太路
 知た芸者を旅て見る春  梅足
恋衣是も浮世の月と華  フ
 晴たる空を鳥の囃  フ

関連データ

作者(連衆)
太路・花足・牛如・立葵・馬隠・環川・斗涼・梨東・梅足