松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
丹波路の秋にかさはる頭陀帒
 木賃の宿のふんぞへる薪  雲牙
時宜なしにくいと納る茶碗酒  斗涼
 ちよいと出るにも娵ハ蛇除  馬隠
居続に猪牙も一日臥猪なり  芲足
 疝気か先へ知つた初雪  梨東
常の事引込紫衣の冬籠  杵十

 茶杓(木へんに夕)を持と分ンな人品  梅足
蚊柱に又行当る長廊下  太路
 月代見えて出る涼風  フ
膰に皆覆面の社僧達  万年
 菱牛の木を牛て引セる  梅足
華は今ちら/\散てまた壱  フ
 菫計に倦る剛力  斗涼

 

関連データ

作者(連衆)
万年・太路・梅足・杵十・梨東・芲足・馬隠・斗涼・雲牙・菊貫(真田幸弘