松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
喰ふとはまた氣の付ぬ鹿の聲  杵十
 やり人の化て通る金杉  花足
いふ事を聞かぬ娘の雪の傘  太路
 手桶に餘る市の買物  菊武
舟宿に李白めいたる酔倒れ  杵十
 梵論へ施物を慇懃にやる  云牙
葉廣柏に難波津のにしり書  斗涼

 薄縁敷て夕月の櫩  フ
陸尺の家から出るたる角力取  菊武
 人面瘡も懸人の敉  梨東
さます迚吹は白粥穴明て  万年
 奈良にはあらぬ鍛冶の朝起  菊武
花は皆咲揃ふたる南受  フ
 角組芦を見する引汐  フ

 

関連データ

作者(連衆)
杵十・花足・太路・菊武・云牙・斗涼・梨東・万年