松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
関取の手枕高き力瘤  馬隠
 形より酌の強い振袖  杵十
羽二重に摺れた妾とむすこへや  斗涼
 牡丹一枝重さうに持
灌佛も指さすくきら初松魚  太路
 眼をすへて出す喰當た砂利  馬隠
客帳をそつと盗て知らぬ振  梅足

 なくした鍵か鉄漿壺の中  梨東
日を横に透かして見せる紺屋形  雲牙
 残んの月の雨待た顔  フ
帰参する迄の業に鶉網  菊武
 虵籠の崩れ口に蛇茸  梅足
ゆるやかな掟も村の花なれや  フ
 恋をやめると邪魔に成猫  万年

 

関連データ

作者(連衆)
馬隠・杵十・斗涼・菊貫(真田幸弘)・太路・梅足・梨東・雲牙・菊武・万年