松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
鴬に下る早瀬の鹿筏  「菊武 
 上指計脊〓(刀+貝)負て落武者  杵十 
熱燗の陶を雪へさし込て  梨東
 轉んた遣リ手五斗俵の音  花足 
につこりとするか仲人の懸り口  笑口 
 喰ふた顔にて初松魚また 環川 
葉桜に切戸の錠の錆付て  太路 

 雑木造リに侘た別荘  「笑口 
向嶋琴@-@抱かせて楽隠居  梅足 
 舟て着替る帯のしんまく  「万年 
角力取憎ひ若衆か秘蔵弟子  「馬隠 
 揚屋の座敷寄セ付ぬ秋 「環川 
今の間に能く吹晴し月の空
 勝軍から直に氏神  斗涼 

関連データ

作者(連衆)
菊武・杵十・梨東・花足・笑口・環川・太路・梅足・万年・馬隠・斗涼