松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)

画像を拡大する
枯芦に極彩色の鴛鴦番ヒ 「白日 
 笑ふ白歯の目立氣〓(麦+之繞)違  「梅足 
美しさ尼に成る身の憎まれて  杵十 
 借て佛間へ寝セる藪児  梨東 
しつかりと本に土瓶を置た跡
 風を自由に阿蘭陀の舩  太路
四方山の花ハ只今真盛
 永き日倦かす霞汲合ふ

新造を並へて派手な尚歯會  「花足 
 内儀交りに長湖取巻く  「斗涼 
どか降の雪にひつそり御鷹宿  「太路
 馬の脊撓む猪の胴切  「杵十 
川音に木曽路ハ高き噺聲  「梨東 
 茯苓実突の形は仙人
二千里の外も隈なき最中月
 蔵より高く積し新米

関連データ

作者(連衆)
斗涼・白日(真田幸弘)・梅足・杵十・梨東・太路・花足