松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
駒牽の白丁萩のすり衣  花足
 宗祇と知らて噺絵執行  斗涼
気のしれてくる程付かぬ火打鎌  杵十
 死金持と同し金堀  太路
筒鳥に足の曳るゝ下り坂  梅足
 木陰おくらく寂し古宮  笑口
今誉しやの字結ひの挾箱 環川

 眉を落して手に付かぬ狆  梨東
盃に追人のかゝる菊畠 白日
 盆の茗荷も是秋のいろ  菊武
何となく物静なる月の暮
 渡さぬ舟の憎い渉し場  馬隠
遠山に雲と計の花さかり
 鬢もほうけた蕗の薹賣  万年

関連データ

作者(連衆)
万年・馬隠・菊武・白日(真田幸弘)・梨東・環川・笑口・梅足・太路・杵十・斗涼・花足