松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
日の長閑浅草寺へ生菩薩 白日 
 鸚鵡けろりと咡の顔  梨東 
中庭のたしなき風に掛人  斗涼 
 釣瓶の切れた音か地の底  杵十 
夘の花に桙か障つて手一合 白日 
 馬の面ラ出す先に錦木  花足 
めてやかな狂女見るほと物凄し  斗涼 

 檢使の側に煮へる焼酎  梅足 
鳥渡脇付て羽織の袖畳  万年 
 朝出る牛に見ゆる鼻息  馬隠 
造営の内は仁王も艸に寝て  菊武 
 茸の出るうち山を買切る  万年 
とんとりと顔影のうるみし雨後の月
 華さへ枯る書写の秋され  梨東 

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梨東・斗涼・杵十・花足・梅足・万年・馬隠・菊武