松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
松か岡伽羅の木の端駈込て  花足 
 男恋しき沢庵の靨  杵十 
ほんほりに地道轡の音か有  万年 
 口中醫師の噺す頰杖  馬隠 
学文に染とも親の一苦労 環川 
 児の薄茶に後座の和らく  斗涼 
岡崎をこそと土蔵て弾覚へ  菊武 

 猪牙の〓(已+共)異見か狗にかすかひ 白日 
借洗濯の盥に妻のつゝ井筒 梨東 
 蝉ハ時雨て真昼の月
直段する内鯵賣の風入て  笑口 
 大道狹しと百性の唄  馬隠 
さのみ名ハなけれと爰も花一所
 ちとほろ酔ていとゝ暖

関連データ

作者(連衆)
花足・杵十・万年・馬隠・環川・斗涼・菊武・白日(真田幸弘)・梨東・笑口