松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
駒下駄に春の御日仰の八文字 白日
 恋の鯨に鱐のるす番頭  杵十
漂着の舩を分限の遠眼鏡  太路
 茶飯菜飯の夜食落合ふ 環川
手の甲を毛請にしたる六日たれ  万年
 三里をすへて母の羅漢寺  斗涼
鈴鷹の翦て桜の花吹雪  太路

 田螺田楽陣中の閑  笑口
雪解を待て女房の捻り文  菊武
 こそ屋の鼡鼠昼もまじ/\  花足
寒梅に日請の障子皆明て  梅足
 桶の氷を月にたとへる
生粋に蹴散かされる艸履取  馬隠
 夜の鶴見に迷ひ子の鉦  花足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・杵十・太路・環川・万年・斗涼・笑口・菊武・花足・梅足・馬隠