松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
鮎唄の口にしやりゝと馬埃リ  菊武 
 飯盛めかとふられたる体 環川 
矢狹間より女の覗く御代静  笑口 
 元の社へ戻す正宗  菊武 
来る厂雁のやうに千舩の湊入  太路 
 浦賀の幕も乾く秋風  馬隠 
村雲の間にちらりと三日の月

 支離に成て曠な凱俥  梅足 
日の本へ皆行渡る伊勢の熨斗  笑口 
 麻上下の目たつ大門 環川 
物好もそむき/\の姉妹  梅足 
 更に旅とハおもハれぬワキ  万年 
散る花の濃と薄キハ風次第
 くらつく石を踏て芹摘 白日 

関連データ

作者(連衆)
菊武・環川・笑口・太路・馬隠・梅足・万年・白日(真田幸弘