松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

表(オ)

画像を拡大する
景清も花見の座にハ七兵衛
 ぬるむ流れに洗ふ盃
一折に笠置連歌の春更て
 此樞戸のとちからも明く
蜘の囲の拂ふ跡より又してハ
 引けらしたる雲の〓(月+布)脚哉
風の音のまたそよ/\と月の頃
 秋の袷の袖重けなり

関連データ