松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
鈴鷹の鈴に〓(人偏+愉の作り)立渡り鳥  太路
 谺に響く須广の音樂  杵十 
酒入ぬ寺に飳飪?の二通リ  牛如
 木々皆散て一ツ家を吐  笑口 
馬醫者の針の間に合ふ走り疔  梅足 
 セけはセく程明ぬ引出し 環川 
栴檀の二葉禿も炷十卜?て  花足 

 畜生めかと誉るあてやか  馬隠
賣初ぬ濱に松魚の浮烏帽子  立葵 
 帆も着セて置舩の風邪引  牛如 
理をセめていふ灰吹のたゝきやう  馬隠
 牡丹餅好か百両の施主  斗涼 
宵の月また暮急る猿辷リ  フ
 来ると寐轉ふ踊草臥  梨東 

関連データ

作者(連衆)
梨東・斗涼・立葵・馬隠・花足・環川・梅足・笑口・牛如・杵十・太路