松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
御神鈴穂に穂の見ゆる迁宮年  雲牙 
 姉者着?の文を骨柳へへし込  斗涼 
恋聟ハ酸いも甘いも旅馴て  立葵 
 孝の一ツと居へる日三里  太路 
遣り水に鴛鴦か下リると雪催  梨東 
 垢離取中へ舟の切先  馬隠 
三日月のとかりに狂ふ米相場  フ

 碁ハ付たりの盧庵?の鹿聞  太路
種瓢夏見るた花とおもハれす  斗涼
 こせ/\婆々の溜る消炭  牛如
一山の鬼と呼るゝ師の御坊  杵十
 百巻の書に惜しき虫食ミ  フ
青竹を磨立たる花籠に  フ
 春の遊ひの毬ふり/\  フ

関連データ

作者(連衆)
杵十・牛如・馬隠・梨東・太路・立葵・斗涼・雲牙