松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
若衆餌群さしゝハこのりを据れて  花足
 初学から入安い大門  杵十
盃に降出す雪もよき肴  梅足
 汚れて祝ふ煤の胴揚  笑口
伴頭の顔もむつかし判事物  馬隠
 娵に階子も毒断の内 白日
皆啌の芝居噺に聞惚れて 環川

 物かゝぬのみ飼猿の智惠  梨東
罔両を障子に見せて郭公  斗涼
 藏と藏との中に在る庭  陸馬
半襟の女と成て家櫻 白日 
 夕月近く肌もぬくとき
向ふ島春の行衛の尋所  太路
 坊主抔遊をもたます糸鬢  フ 

関連データ

作者(連衆)
太路・陸馬・斗涼・梨東・環川・白日(真田幸弘)・馬隠・笑口・梅足・杵十・花足