松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
賣れる迠木陰に涼む植木市  馬隠
 ほせ/\喰のたえぬ御神鳥  杵十
吉原や車いくつか納もの 環川
 蕪芝矢擔て通る前髪  梨東
綿きせたやうに菴の冬梅  太路
 引窓明て鮟鱇へ水  斗涼
餅かちる手代も家の白鼡  梅足

 ふくれた顔も直す流行送医  馬隠
女房の言葉つかひも小しやくにて  杵十
 簪さして上かる井戸端堀 環川
夕虹の消る跡から鯵の声  梨東
 泣やまぬ子の手に猿の面  馬隠
月花に附けて此頃隙のなし
 初午過の殊ニ落つき

関連データ

作者(連衆)
梅足・斗涼・太路・梨東・環川・杵十・馬隠