松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
木の字屋に雨の胡蝶のふいと来て 白日
 積を抱て妻の酔覚  斗涼
我皃を叩く子共の水鏡  笑口
 のゝ字の續く牛の小便  杵十
下野の花の間に賣草鞋  花足
 名題の茶屋もむし暑い人  馬隠
輪を一ツ乗て厂木へ着る舟  梅足

 振袖てない振袖の胸 環川
中の町根曳の沙汰も桜より  花足 
 来ると寐転ふ涅槃會の留守  梨東
春日和爺婆々連て孫を杖  笑口
 黄昏近く月霞む山
蛇取るといへは怖し雉子の聲  梅足 
 田舎に住て何不自由なし  陸馬

関連データ

作者(連衆)
陸馬・梨東・環川・梅足・馬隠・花足・杵十・笑口・斗涼・白日(真田幸弘