松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
尼か菴男帯ほと水引て  斗涼
 傘石をはね上る笋  杵十
新造の摺なから来る硯箱 環川
 神の餅済迠ハ出ぬ下女  梨東
熱燗を最ひとつ飲めと小夜鵆  太路
 髭をくらふる陣中の閑  花足
真黒に成て年経る檜山  陸馬

 馬か馬牽く木曽の近道  梨東
蝙蝠の近く舞ひ込宵暮の月
 寐顔ハ美人あはれ気〓(之繞+麦)違  梅足
寄依僧へ苦界くはらりと懺悔して 白日
 筒に一枚花のやさしき
次郎左衛門ひいな卵に眼鼻也  杵十
 木更津舩もしけ/\の春  陸馬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・陸馬・花足・太路・梨東・環川・杵十・斗涼