松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
春の雨いほわぬ灸のむつ痒き  雲牙
 神事の形りて礼に来る門  太路
初鰹鼻を突たる魚鳥留  馬隠
 鎗に刀の結ひ添てある  笑口
脇眼にハ能い子を置て聟の沙汰  梅足
 占て見る空解の帯  太路
鵆聞く人も各ちとり足  杵十

 簗を捜す強の吸もの  斗涼
梅の宿障子に外セハ去年の埃  梅足
 白髪かゝへて笑ふ粥杖  立葵
遣羽子の後催媚く袖たすき
 ふつと見かハす月の丸顔
親里へ曽我ハ山路の菊提て  笑口
 施す迚か薬掘る僧  牛如

関連データ

作者(連衆)
雲牙・太路・馬隠・白日(真田幸弘)・牛如・立葵・斗涼・杵十・梅足・笑口