松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)、句上

画像を拡大する
泣なから焚付て居る繋き舟  杵十
 兄弟二人江口神崎
ふくら煮に入歯恥かし年か年 環川
 今降る雪に茶事の催し  斗涼
山寺の和尚狐を留守に置  杵十
 木魚にどふか有さうな舌  万年
色白と戯れけらし花盛
 春の夜なから夢を楽しむ

東寓 白日公  50
杵十   49
環川君  38
田社 白日公  55
斗涼   45
梅足   42
百珉 笑口   43
斗涼   38
白日公  29
有佐 白日公  59
梅足   43
環川君  39

関連データ

作者(連衆)
万年・斗涼・環川・杵十・白日(真田幸弘
点者
有佐・百珉・田社・東寓