松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
舟宿の欄の下から香の物  雲牙
 無理な理詰に逢ふて居る及夫  梅足
能く書けと当字ハ流石女也 環川
 翌通し手に母の精進
馬盥の水に移りて杜若  立葵
 蒼朮買て入梅を争ふ  牛如
囲れの庭一はいの石燈篭  雲牙

 我耳塞く忍ふ戸の音  馬隠
真夜中の機嫌能い子に持餘し  牛如
 物噛むやうに老の念仏  笑口
きよろ/\と弓師ふらつく竹の春 環川
 鹿笛拾ふ月の嵯峨山  万年
媚た人も交りて小鷹狩  梅足
 眼でしらセれハ咳て答へる  雲牙

関連データ

作者(連衆)
雲牙・梅足・環川・白日(真田幸弘)・立葵・牛如・馬隠・笑口・万年