松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
酒盛もしミて潮の怪仕立  太路
 土佐節語り杖付て来る  万年
牽出すも又盲馬しいな村  馬隠
 ?養蚕の廿日痩見へる娵  斗涼
よくできた髪に襷のむつかしき  万年
 使いの臑をつゝく庭鳥  牛如
曲持の有りて米屋の鄽の先  笑口

 凩凪て跡に夕月
駕留て御覧遊ハセ左冨士  杵十
 頬からも出す猿の昼食  馬隠
?(ムシ)ほれさのミ騒かぬ中リ射手  万年
 連歌に倦る陸奥の長陣  太路
ぬつと見て目立花色漂色
 春風孕む宝船売  梅足

関連データ

作者(連衆)
太路・梅足・杵十・笑口・牛如・斗涼・馬隠・万年