松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
先とに立新造もかほよ鳥 環川
 悋気の種の今朝の酔醒  笑口
黄金の耳を揃へて牡丹咲
 大僧正の甥に願人  雲牙
能続く軍央ハの此日和  立葵
 草て手を拭く馬醫か無造作  杵十
越の旅壱分崩して持あぐみ  斗涼

 笑ふ狂女の黒過た眉  梅足
此春ハ素人に成て山桜
 ころり寐て見る若芝の上  牛如
廃さして雪駄の音も長閑なり  馬隠
 歌書を枕に宗祇とろ/\  立葵
毛見済て長百姓のほつと息  笑口
 番手桶から汲みこほす月

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・環川・笑口・雲牙・立葵・杵十・斗涼・梅足・牛如・馬隠