松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
行く春を蘇生り見る君の恩 環川
 蓬莱宮といわん吉原  立葵
ふくら煮に淋しく老の片思い  万年
 長雪隠を分別の倉  笑口
鼻唄に薮蚊集る夕涼  馬隠
 売人斗か生て居る鯵 環川
何食ぬ顔て芸子の供の親  梅彦

 ふけた若衆に痔の神て逢  牛如
是見よと朽木草鞋の旅戻  馬隠
 雪の酒屋にひたと啼く鷹  梅足
人体に打てかはりし子煩悩 環川
 寸をとらせる関所の膝  牛如
夕月に薄縁り敷つゝ欄の先
 合の手に雁秋の巣籠  笑口

関連データ

作者(連衆)
環川・立葵・万年・馬隠・梅彦・牛如・梅足・笑口