松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
そこか因縁傾城の兄に紫衣
 百里へ懸る夢の浮橋  万年
化かされたやうな心て神路山  立葵
 牛か戻れハ機下る下女  菊武
売なからまた味知らぬ初松魚  雲牙
 きらすを上て弁天へ三寸 環川
聟の年いらぬ隣て岡つもり  馬隠

 悋気に狭い十府の菅薦
墨さして仕舞ふ大工の覚書  雲牙
 掘抜井戸に白鳥の声  太路
我か内を人任セなる藤沢寺  梅彦
 兎角見残す四石八木  斗涼
月花の籠る矢立の筆の先
 蚫の貝に雨後の陽炎

関連データ

作者(連衆)
斗涼・梅彦・太路・馬隠・環川・雲牙・菊武・立葵・万年・白日(真田幸弘