松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
京町の春猫さへも誘ふ水
 嫁の茶の湯の客に斎僧  梅足
鴨の雪啼こほす冬の梅  太路
 手を組かへて出して見る知恵  馬隠
器用過不器用過て掛人  雲牙
 立習ふ子に家内割膝  斗涼
五六軒多賀花栖て日遮??  立葵

 直ツた顔もいやな気違  牛如
着セて見て嬲る夫の長羽織  笑口
 植えた桜もけふか突出し
雛様か呑か白酒いつか減 環川
 凧荷おろセハすへて人留  菊武
月一ツ塗立て有る蔵の破風
 織るに染るに西陣の秋  斗涼

関連データ

作者(連衆)
斗涼・菊武・環川・笑口・牛如・立葵・雲牙・馬隠・太路・梅足・白日(真田幸弘